本文へ移動
主な機能

サービスプランの提案



人工知能(AI)がこれまで学習した膨大な過去のデータをもとに、以下のプランを提案します。

改善志向プラン
状態が最も近い方のプラン

プランをもとに介護サービスご利用者の状況に応じて、サービスの追加や削除、実施回数を変更することもできます。

サービスプランの比較検討


サービスプランが色分けされて表示されるため、特徴がわかりやすい!
また、改善と維持の確率を合計した値を図に表します。

様々な課題を検討し、プランを比較・選択することができます。
またグラフをご利用者やご家族と一緒に見ることで、課題や目標設定を共有できます。

今後の状態予測


プラン利用により予測されるご利用者の状態を「対比棒グラフ」で表示。
SOINの提案したプランや、ご利用者の状況に応じてご自身で修正したプランを利用した場合の予測をわかりやすく示します。

使うことで変わること
 SOINの提案の中に新たな気づきを


まずはご利用者の状態をSOINに教えてください。
ご利用者の状態にあわせて2つのプランを提案します。

SOINの提案の中に、今までとは違った新たな「気づき」を得られ、
ケアプランの根拠を持つことができるでしょう。
 「AI」「ICT」など難しく考えず、まずはやってみましょう



AIはケアマネジャーの「記憶」をデータとして「記録」し、
適切なタイミングでそっと教えてくれるだけです。

いままでケアマネジャーが経験をもとに作成していたケアプランや、
利用者の将来のイメージといった「感覚」を「可視化」することができます。

いくつかのケアプランを「比較・検討」することで、
ご利用者にとって納得感のある提案ができるようになります。

積極的な自立支援・重度化防止を勧めることでご利用者の行動が変わります。

また、客観的なデータにもとづいたケアプランの提案が可能となり、
ご利用者の信頼はさらに高まります。

「改善志向」のケアプランによりご利用者が早期に自立することで、
新たなご利用者の呼び込みにもつながります。